「職業人と語ろう」(東播磨地域ビジョン委員会 夢のたね)へ参加させていただきました。


「職業人と語ろう」

このイベントは、東播磨県民局の東播磨地域ビジョン委員会 夢のたね様が開催されている企画です。すでに10年以上前から続くイベントとのことで、年間に10以上の加古川地域の小学校を対象に、様々な業種の職業人が集まり、実際の職業体験を通じて、子供たちが将来の夢を具体的に描いたり、明るい未来を想像できるように支援をされていらっしゃいます。(2020年はコロナの影響で8校の実施のようです)

今回、加古川市議のつげあつひと議員からお誘いいただき、参加の機会を頂戴いたしました。

子供たちも職業人も明るい未来を想像

職業体験をしている子供たちが楽しそうで、目が輝いているのは当然ながら、職業人の方々もその子供たちの様子を見て心が明るくなり、地域や日本の明るい未来を感じることができているのではないかと感じました。説明をされている職業人の皆様の表情を見ていて、そう感じましたし、見学させていただいた私自身も同じ想いになりました。

今回は、例を挙げると、大学の教授、客室乗務員、幼稚園の先生、カメラマン、ハンドメイド、自衛隊、金融マン、TV制作などなど、バラエティーに富んだ業種の方々が参加されていました。

ビジネスに関する体験は重要!

加古川市では、小学校ではこの「職業人と語ろう」、中学校では「トライやるウィーク」と職業に触れる機会が用意されています。こういった大人になって社会で生きていくためには絶対に必要な仕事やビジネスの仕組み、お金のやり取りというのは、これまでの日本ではあまり実践的に教育が行われていなかったと感じています。自分自身も過去を振り返って、学生の時にビジネスについてどっぷり体験したり、考えたりするような機会は多くはなかったと思います。

「ミラかこ」としても、これらのイベントと相乗効果を発揮できるような体験の場を提供できれば良いなとメンバー内で会話しています。


カテゴリー 働きがい・経済成長教育街造り タグ .

コメントを残す